開業祝いを贈るタイミング

開業するのも大変なので

このご時世では、開業をすることも実に大変なものです。開業の準備などに追われている中で、開業する旨の連絡を暮れるのですから、お祝いはすぐにでも送った方が良いでしょう。験担ぎでもありませんが、さい先良く、ということで開業当日のAMに送ると言うことが習慣となってきました。

しかし、現実問題としては、開業の当日には非常に多忙となりますので、お祝いの花や金品を送るにしても、遅くても前日までには到着するようにした方が良いのです。開業するときには、事前の準備で先方も科なり疲れていると思います。当日に、慌ただしくなるようなお祝いの仕方は避けるようにした方が良いでしょう。

ただ花を贈るのであれば、前日に設置するのは迷惑にもなりますので、やはり当日の午前中にと言うことになるでしょう。せっかくお祝いをする気持ちがあっても、タイミングを損ねると失礼に当たりますので気をつけてください。

出来るだけ良いタイミングで

良いタイミングでお祝いを贈るには、お祝いの書面であればあらかじめ送付して置いても良いのですが、贈答するものに関しては前日までの到着が望ましいですし、開業で店舗を構える場合についての花は、当日の午前中に到着するようにします。このように最適なタイミングでお祝いを贈るように心がけましょう。

昔からの験担ぎなどもありますので、そういったことも考慮しなくてはいけません。開業される方の年齢層によっては、お祝いを受け取るにしてもタイミングなどを重要視される方もいらっしゃいますので、その点は注意が必要です。

仮に六曜を気にする方の場合、大安に開業するにも関わらず、前日の仏滅にお祝いが届くと不愉快になる、と言うケースも実際にありますので、先方に関してのリサーチを必要とするところです。信心深い方、宗教に関連して何かある場合もありますので、お付き合いをしている中で、ヒアリングしておいたほうがベストでしょう。

→開業祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ