開業祝いの相場

現金で渡す場合

開業祝いにも現金を送る場合と品物を送る場合がありますが、現金の場合の相場に関して記載していきます。まず、親しい仲の場合についてですが、身内は1万円~3万円、友人や知人で5千円~1万円、お取引先の場合には1万円~3万円程度を目安にするようになっています。

熨斗の表書きには、「祝御開業」などと記載します。個人名の場合は、フルネームで送り主の名前を書いて、会社として送る場合には、会社名および代表者名をフルネームにて記載するのが望ましいでしょう。時期については、現金でしたら当日に届くよりも、遅くても前日までには到着するようにした方が良いですね。

タイミングも大事になってきますので、先方の開業のお知らせが来た段階で早めに到着するように手配して下さい。当日は先方も多忙になることを念頭に入れておきましょう。

品物を送る場合

さて、それでは品物で送る際の相場に関して解説していきましょう。カテゴリを同じように分けていくと、身内で1万円~3万円程度、友人や知人で、5千円~1万円程度、お取引先の場合には1万円~3万円程度になります。相場は現金でも品物でも一緒です。

品物の場合、あまりかさばるようなものを選択しないようにしましょう。他に一番人気なのは花がありますね。その店で使用するようなものに関しては、ほとんど店名入のものが用意されていると思いますので、宣伝をしてあげるなどの行為で祝ってあげるのも、お祝いの1つになります。

灰皿やライターを店名入で送ろうとする方もいますが、火事を連想しますので縁起が悪いものとなっています。花の他に無難なものとしては、掛け時計やお酒などのようなものを選ぶと良いですね。花ではなくても、観葉植物なども、邪魔になりませんし緑があるのは良いものですよ。もちろんまず間違いのないものはやはり花でしょう。花の相場も上と同じです。胡蝶蘭が特に人気ですね。

→開業祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ