開業祝いのお礼状の文例

親しい間柄でも形式的に頂いた場合でも

開業祝いを頂くと必ずお礼状は必要になります。親しい間柄でもお取引先に対しても、ビジネス文書を参考にして適した文書作成を行ないましょう。実際の文例は下記に示しますが、これは先方との間柄によってアレンジして下さって構いません。必ずしも同じではなくても良いのです。

お礼状は大量に必要ですので、主に印刷をすることになります。手書きの一筆を添えることで謝意が伝わりやすいこともありますよ。味気なく印刷されたものだけが送付されてくるのも、形式的に送ってきた印象が強くなりますので注意が必要です。

当日、開業の際に足を運んで下さった方にも、その旨お礼の言葉を添えるようにしましょう。お礼の品物を渡しているからお礼状は必要ないと言うことにはなりません。日にちを前後しても、送付するのが社会人としてのマナーでしょう。

実際の文例について

それでは、実際の文例を記載していきます。これはベースになる例文ですので、ケースバイケースでアレンジを加えていくと良いでしょう。通り一遍のものにならないように心配りをするのも大事なポイントになってきます。

○○株式会社(企業に出す場合のみ記載)
○○様(フルネーム)

謹啓、〇〇の候、貴社に置かれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、この度は弊社の開業名足、お心づくしのお祝いを頂戴しまして、心より御礼申し上げます。
このように、無事開業の運びとなりましたのも、ひとえに貴社を初め、皆様方のご支援ご鞭撻のたまものと、心より感謝申し上げます。
この上は、皆様のご期待に添えますよう、誠心誠意、努力いたす所存でございます。今後とも旧倍のご支援を賜りますよう何卒お願い申し上げます。
略儀ながら、まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

謹白

平成○年○月○日

××株式会社(企業名、もしくは店名)
××(代表者フルネーム)

先方が企業と想定して記載しました。友人知人については、貴社の部分を先方のお名前に変更して下さい。言葉遣いもやわらかく砕けたものでも良いでしょう。

→開業祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ