開業祝いの花の贈り方

胡蝶蘭が定番!

開業祝いに贈る花は胡蝶蘭が定番です。胡蝶蘭はお祝いごとに贈られる高級な花として有名です。おそらく一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

色は何色がいいの?

胡蝶蘭には白とピンクがあります。これらは紅白をイメージしています。開業の際におすすめなのは基本的には白色です。1から開業するわけですから、真っ白な白を選ぶと良いでしょう。

相場は?

開業祝いに贈る花の相場は大体20,000円~30,000円以上が相場です。できれば最低でも2万円ぐらいの胡蝶蘭を贈りたいものです。ここは開業される相手の事業規模によっても変わってきます。

個人事業主として自宅で開業する場合などは、あまり大きな花を贈っても邪魔になりますし、2万円ぐらいのものでいいかなと思います。

ある程度大きく開業する場合や、その業界の著名な人などの場合は、最低3万円程度の花は用意するのがマナーです。あまり安い花の場合、見た目がしょぼく、見劣りしてしまいます。相手によっては定価ベースで10万円程度の花も普通に贈られます。最低でも2,3万円は用意して下さい。

立て札はどうすればいい?

開業祝いのマナーとして花に立て札をつけます。この際によく迷う人がいるようなのですが、実際は立て札は花屋さんがつけてくれます。ですので立て札は特に自分で用意する必要はありません。

重要なのは注文する際に、「開業祝いの花です」と記載することです。用途を伝えさえすれば、花屋さんはその道のプロです。あとはきちんとしてくれますので安心して下さい。

開業祝いの胡蝶蘭を送るのにおすすめのショップ

【幸福の胡蝶蘭屋さん】

↑胡蝶蘭を購入するならこちらがおすすめ!私もいつも使わせてもらっているおすすめの花屋さんです。おすすめは胡蝶蘭大輪3本立です。2万円で非常に高いクオリティの胡蝶蘭が贈れます。まさに開業祝いにぴったりと言えるでしょう。

札は木札を選びましょう。注文の際、用途欄に、開業祝いの花である事を書いておけばしっかりと札もやってくれますので安心して注文して下さい。


↑開業祝いの胡蝶蘭ならこちらもおすすめ。全国配送可能・送料・ラッピング料・木札料・紙札料すべて無料。注文の際、備考欄に「開業祝いの花です」と記載すれば立て札やラッピングもきっちりとしてくれますよ。

開業祝いのマナーを知ろう!

開業祝いの定番は胡蝶蘭
開業祝いの定番といえば花ですが、その中でも基本となるのは胡蝶蘭です。胡蝶蘭がなぜ定番なのか、選び方はどのようにすれば良いのかを解説しています。

開業祝いのメッセージ・文例
メッセージや文例を集めました。開業祝いのお花などと一緒にメッセージを送ると喜ばれると思います。文例にとらわれずに心を込めたメッセージを送るのもいいと思います。

開業祝いののしの書き方
のしの書き方を解説します。大切な人に贈る開業祝いのマナーを学びましょう。のしの書き方は基本ですので間違わないように注意しましょう。

開業祝いを贈るタイミング
贈るタイミングについて解説しています。タイミングを間違えると失礼に当たる場合もありますので、注意が必要です。

開業祝いの相場
相場について解説します。大体身内は1万円~3万円、友人や知人で5千円~1万円、お取引先の場合には1万円~3万円程度を目安にすると良いでしょう。

開業祝いのお返し
お返しはどのようにしたらよいのでしょうか?お返しはできるだけ早めに行うこと。またお返しは相場の半額ぐらいが良いとされています。

開業祝いのお礼状の文例
開業祝いをもらったら、必ずお礼状を返しましょう。お返しのお礼状の文例を紹介します。

開業祝いの祝賀会について
祝賀会を開催する場合には、よほどの規模でなければ大がかりに行なう必要はありません。内輪だけの場合もありますし、プラス取引先という形になる場合が多いと思います。

開業祝賀会に招待される場合について
開業祝賀会に招待された場合返事は早めに出すことが大事です。また、当日のたしなみについて解説しています。

開業祝いの注意点
贈ってはいけないものや、対応について解説しています。してはいけないこともありますので、しっかりと理解しておくといいと思います。

このページの先頭へ